« あっかーん | トップページ | ウィーケン父さん »

2006年2月11日 (土)

ご飯もりもり

名古屋に泊まり出張行って来ました。

さて、今回の出張では「大衆食堂 半田屋」というお店でご飯をいただきました。
カフェテリア方式の、まさに学食のような店です。
公式サイト)(ウィキペディアの解説

で、このお店ですがご飯の量が凄い。

選択肢は「中」「小」「ミニ」の3つ。
何も知らない私は、「中」をオーダー。
出てきたのは丼にテンコ盛りのご飯。

何とか食べきりましたが、おかずの肉じゃがはダメ押しに近いものがありました。
食べた感覚で1.5合はあったと思います。
しばらく「うーーーーーっ」って感じで唸ってました。

この「中」ご飯が100円台(詳しい価格は失念)。
「小」で、普通のお店の大盛り程度。100円未満。

名前の付け方が一つづつずれてます。

麺類も200円未満であります。
おかずは100円前後でいろいろ。

ここで1000円食べるのは、相当なチャレンジです。

おかずの味にコメントはありませんが、値段が値段、量が量です。
文句など、あろうはずがございません。
ソースと醤油とマヨネーズがあれば、それで良いのです。

ごはんモリモリという快感を、心ゆくまで楽しめるお店でした。

次回は、ご飯(中)、豚汁、納豆、いか塩辛あたりにチャレンジしようかと思います。
(多分これで300円台のはず)
ラーメンも200円程度なので、ラーメンライスで300円てのも魅力的。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに本日(11日)、名古屋から帰ってきて、晩御飯をどこで食べるか検討。
全然食べたいものがイメージできなかったので、ネタ優先で、カフェテリア方式静岡代表「石田ろまん食堂」に行って来ました。

適当に選んでレジに行くと、これが軽く1000円オーバー。

ご飯や豚汁の値段は半田屋とそう変わらないのですが、魅力的でボリュームが小さい、200円台~300円台のおかずが多いのが理由ですね。

カサゴの煮物やマグロの刺身、その他卓上コンロの小鍋なんて洒落た物は、半田屋にはありませんでした。

ご飯をモリモリ、安く食べたいなら「半田屋」。
ご飯に合うおかずで、おいしく食べたいなら「ろまん食堂」。
私の中でははこのように区別されました。

とはいえ、半田屋の方が余計な色気を切り落としていて潔い、好ましいように思います。

|

« あっかーん | トップページ | ウィーケン父さん »

お出かけ(静岡県外)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご飯もりもり:

« あっかーん | トップページ | ウィーケン父さん »