« 薩摩中央高等学校の豚味噌 | トップページ | こっち見んな! »

2007年7月 8日 (日)

枝豆会飯もどき

藤枝に「会飯よこ多」というお店があるらしい。
カテゴリは中華かな。

お店特性の味噌だれがあって、野菜を炒めたのに味噌をからめてご飯に乗せてできあがり、とそんな会飯メニューが充実しているらしい。

行動圏内にあるものの訪問したことがなく、すべて伝聞であります。
参考:エリミな気分 かずさんの記事

その大盛り伝説とともに、大変気になっているお店の一つです。

で、昨日食べた鹿児島の高校が作った豚味噌
これで会飯が作れるんとちゃう?

ということで試してみました。

Hoihan 枝豆会飯もどき

拍子木に切ったジャガイモとにんにく、玉ねぎを炒めて、茹でた枝豆と豚味噌を投入。
少しだけお酒を入れて、味噌をゆるめながら混ぜ込んで完成です。

これは美味い!
枝豆もさることながら、ジャガイモがとてもよく合います。
藤枝のお店にも「ジャガイモ会飯」というメニューがありますが、きっと美味しいことでしょう。茄子や玉ねぎとは違う、「あ、想像以上に美味しい」とか、そんな感じでしょう。

今度はジャガイモメインで作るか、又は季節のトウモロコシで作ってみよう。
なにしろ、豚味噌缶はもう一つあるのです。ふっふっふっ・・・

おまけ
Fu1 Fu2
南部じまん市で売っていた、沖縄麩を使った「フーイリチー」。
・麩を水でもどす
・麩を絞って、手で適当にちぎる
・卵、醤油、みりんを溶いたのに、麩を入れる
・フライパンに油を入れ、麩と卵を、色づくまで焼く
・焼けたらニラを混ぜて完成
とても簡単です。
そして、とても優しい味です。
卵だけでは出せない、ものすごく優しい味。
初めてなのに、なぜか少し泣けるほど、優しい味でした。

|

« 薩摩中央高等学校の豚味噌 | トップページ | こっち見んな! »

お家で食事」カテゴリの記事

コメント

会飯よこ多は、私の青春時代に活躍した店です。
10代からの友人の家の近所で、今でもたまにお邪魔することがあります。
これが一押しっていうのは、ポンと浮かびませんが、何を食べても空腹は満たされ、安心してお金を払って帰ることができます。
確か、麻婆ラーメンが、私のお気に入りでした。
じゃがいもとひき肉をカレー粉で炒めた会飯や、肉味噌キャベツの会飯も、おいしいです。
だいたいどのメニューも、テイクアウトを頼めます。
ちょっとだけ座敷スペースもあるので、子連れでも大丈夫です。
問題は、何のついでに行くかですね。

市内のお手軽中華でひいきにしているのは、味守香です。
平日ランチ限定のレバニラは、私の大好物です。
ご存知ですか?
味守香も、怪獣ベイビーOKの店なので、助かります。
が、ここも、何のついでに行くかが、微妙な立地です…。

投稿: 桃竹林 | 2007年7月 9日 (月) 22時53分

桃竹林さん
青春の1カットですか、良いですね。
私にとっての美富士食堂みたいなもんですね。
一度大盛りとか食べて見たいんですが、食べてしまったら
午後は仕事にならなさそう。ということで躊躇しています。

味守香も行きたいですね。
随分と腕の立つご主人がいらっしゃるとか。
机に登る!たたきつける!投げつける!
というのがマイブームなうちの怪獣でも大丈夫でしょうか・・・?
さらに、行く目的が難しいですね。
ふるさと茶屋を目的にするのは本末転倒ちゅーかなんちゅーか。

投稿: ドロンコ | 2007年7月10日 (火) 22時31分

味守香の追記です。
エビチリ、かなりおすすめです。(チープなのに相当美味♪)
白米を頼んで、ソースも残さずいただきます。
チャーハンも素晴らしい仕事してます。
しかも、安いっ。
怪獣ベイビーは歩かせないように拘束が必要ですが(ラーメン等汁物を食べている客が多いので)、吠える、テーブルを叩く等は、見逃してくれます。
お昼なら、13時過ぎか、11時頃(開店待ち)の訪問をおすすめします。
お手ごろ価格で、おいしい中華。
怪獣OK。
これが、最大の売りですね。
中島屋ホテルの四川飯店全盛期のシェフが作った、庶民のための中華料理屋です。
目的は…、この際気にせずに、ぜひ。

投稿: 桃竹林 | 2007年7月16日 (月) 08時19分

最近のはる坊、登れる所は登る!って感じで、
子供用ハイチェア、机、お父さん。何でも登ります。
味守香でも相当苦労しそうです。
でも行きます。
今度の土日は無理でも、いつか必ず!

投稿: ドロンコ | 2007年7月16日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枝豆会飯もどき:

« 薩摩中央高等学校の豚味噌 | トップページ | こっち見んな! »