« 特等席 | トップページ | 悪臭の正体 »

2008年5月25日 (日)

いやらしい

和裁を習いに行っている奥さん。

奥「浴衣っていうか、和服って、男と女で作りが違うの知ってた?」

私「ん~?知らない」

奥「例えば、女物の場合、脇の下の所が「身八つ口」って言って穴が開いてるんだけど、男物だと人形って言って閉じてるの」

私「身八つ口?」

身八つ口の解説(wikipedia)←どんなものか知りたい方はクリック

奥「?」

私「・・・・・・・・・!」

奥「?」

私「まあ!そういう事だったのね!いやらしい!」

奥「?」

私「「身八つ」って、てっきり袖口の事だとばかり・・・ああ嫌らしい!」

奥「?」

私「嫌らしい、まあ嫌らしい・・・」

とまあ、そんな休日でした。

ちょっとした種明かし(AOL Q&A広場)

うん、ひとつ賢くなった。

|

« 特等席 | トップページ | 悪臭の正体 »

楽屋トーク」カテゴリの記事

コメント

凄いよね。エロ前提ってのが凄いな。
江戸だかエロだかわかんねぇな全く。
誇らしいですよね。そういう文化は。

投稿: です | 2008年5月25日 (日) 23時10分

にゃはは、、
でも、歴史小説のそういう描写の場合、
あんまり出てこないっすね「身八つ口」って、、。
ちょっと意識してみます。

投稿: 若旦那 | 2008年5月26日 (月) 08時59分

ですさん
エロにも作法があるところが良いですよね。
ところで、出張先で見かけた「江口菓子店」
「エロ」と読んでしまったのは、どう考えても
ですさんのコメントのせいだと思います。

若旦那
どこで見かけた表現か、というと記憶が定かでは
ありません。
おそらくは、鬼平ではなく、仕掛人藤枝梅安の
方だと思うのですが、手元に無く確認できません。
今度帰省した時に読み返してみようかと・・・

投稿: ドロンコ | 2008年5月28日 (水) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いやらしい:

« 特等席 | トップページ | 悪臭の正体 »