« もったいない静岡 | トップページ | 蓮華寺池の藤まつり »

2008年5月 3日 (土)

ゲシュタルト崩壊

ゲシュタルト崩壊
wikipediaの解説より部分的に紹介

以下引用-----------------------------

連続で羅列された文字列を読み続けると、途中からなんとも形容しがたい、
いわゆる「こんがらがった」状態になる現象

-----------------------------以上引用

さて、仕事の関係で、鹿児島県の情報を漁っていたのですが、その中で見つけた文字列。

「志布志市志布志町志布志」

鹿児島県の志布志(しぶし)市にある住所なんですけどね。
目がスベるというか、文字をどう区切って良いのかわかりません。
内容を理解して、やっと発音できるでしょうか。

面白いと思って検索すると、昔トリビアで紹介されてたんですね。

「志布志市役所志布志支所の住所は鹿児島県志布志市志布志町志布志

市町村合併の過程で旧町字名をどう扱うかを検討するのですが、その時に絶対分かってますよね。
誰かが「こりゃあ面白い」と思ったに違い無いです。
まあ、これ以外に表しようが無いのも事実でしょうけど。

話かわって静岡県。

現在の伊豆の国市に、「韮山韮山」という地名があります。
市町村合併前の住所でいうと「静岡県田方郡韮山町韮山韮山」になります。

韮山韮山の一つ目の「韮山」は、さらに昔の地名(韮山村?)の名残のようです。
周辺の地名に「韮山金谷」「韮山多田」なんかがありますから。

旧の静岡市と清水市が合併した直後、「静岡市“清水”相生町」なんて住所表記をした時期がありましたが、伊豆の国市も同じようにすればよかったのに。

「伊豆の国市韮山韮山韮山」

になってたのに。

えっとー、そんだけです。

おまけ:韮山県(wikipedia)
すげえじゃん

|

« もったいない静岡 | トップページ | 蓮華寺池の藤まつり »

楽屋トーク」カテゴリの記事

コメント

「志布志市志布志町志布志」の例は、ボクとしてはごく普通に受け止めていたのですが、それは多分知らず知らずに感覚が麻痺して(何によって?)一般市民感覚とはずれてしまったためでしょう(笑)
以下(前段も?)どうでもよい余談ですが
旧々静岡市が周辺部の村と合併した際は、単に村の大字名をそのまま静岡市の町名扱いとする例が多かったようです。
その結果、柚木町(ゆずのきちょう)と柚木、東町(あずまちょう)と東、南町と南、中町と中(現在は中村町に改称)のような類似町名ができてしまったようです。
もっとも、東町や南町の町名自体が、旧南安東村と合併した際の産物だったのですが・・・・

投稿: あおい君 | 2008年5月 4日 (日) 06時34分

あおい君、ご無沙汰しております。
合併する複数の市町村に、同じ地名がある時は揉めるでしょうね。
とりあえず、旧自治体名入れとこう、みたいな。

手元の角川日本地名大辞典を見ると、
明治11年に、多田、山木、金谷、土手和田、滝山の5村が合併して韮山町に。明治22年にさらに周辺と合併して韮山村になったということですから、韮山韮山という字名はM22からでしょうか。

将来道州制になったりすると、地名の変遷というか地域の歴史がどんどん薄れていくのでしょうが、なんというか辿るよすがみたいなものは残していって欲しいものですね。

投稿: ドロンコ | 2008年5月 5日 (月) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲシュタルト崩壊:

« もったいない静岡 | トップページ | 蓮華寺池の藤まつり »