« ビュフェこども美術館 | トップページ | 音戯の郷 »

2008年7月21日 (月)

SLの旅

世の中は3連休らしいですが、私は土曜から日曜の昼過ぎまで連続労働。
その夜こそ12時間近く眠りましたが、基本心身共にいっぱいいっぱいです。

ちょっと強めの気分転換・・・

ということで、急遽、大井川鉄道のSLに乗ってきました。
SLは全席指定。ダメかとも思いましたが、日曜の午前中に電話して予約できました。

汽車がやってくる前の新金谷駅。
辺鄙な住宅地のはずなのに、ものすごい人でした。
みんなSLなんですけど、こんなに乗れるの?走るの?登れるの?
ってくらいの人でした。

Sl1

SLが入ってきました(写真は駅の外より撮影)。
ちょっとビビりました。
日頃利用している電車と比べて、何か意志を持つ生きもののような気配がします。
こちらに向きを変えて襲ってきそうな、逃げたくなるくらいのエネルギーです。
熱の塊でした。

満員の客車に乗り込んで、汽笛一声、出発進行です。

・・・・・・・・・・・・

いたって普通です。
まあ、併走する自動車に抜かれるくらいの速度だったりもしますが、乗り心地は普通の列車です。

まあ、当然か・・・

と、いう訳で、以後写真など。

Sl2 レトロな客車
Sl3 手を振る人々
Sl4 千頭駅にて、写真を撮る人々
Sl5 お好きな人向け写真
Sl6 お好きな人向け写真2
Sl7 レトロな客車2(帰りもSLに乗ったのです)
Sl8 意外とススをかぶります
Sl9 大井川で現役バリバリ近鉄電車

で、結論から言いますと、

「大井川のSL最高!」

最高です。
すごくリフレッシュできました。
陳腐な表現ですが、相当に癒されました。
汽車に乗って走ること自体が、すごく楽しかったです。

列挙します。

緑の風景が、ゆっくりと流れていきます。
ときどき「おいっ!!!」てくらい近くにカメラマンがいます。
線路沿いの人は、観光客、カメラマンはもちろん、川根温泉の入浴客、大工さん、釣り人、茶畑の人、ありとあらゆる人が手を振ってきます。
当然、列車の中からも手を振っているわけで、好意のキャッチボールが続きます。
車掌さんも車内販売の人もサービス精神満点。ハーモニカの演奏もあります。

耳からもいろんな情報が飛び込んできます。
今の電車は「いかに外部の音を除去するか」に腐心していますが、SLは冷房無し。
窓は全開で外の音はすべて入ってきます。そしてそれが凄く快適なリズムです。
他のお客の喋り声、笑い声、どこかで誰かが吹いてるハーモニカの音、列車の音自体がやかましいので、それらは雑音ではありません。
すべてがサウンドとしてグルーブ感を醸し出しています。
トンネルの前や、要所要所で鳴る汽笛は最高のスパイスです。

鼻にも、ちょっとしたクセのある煙の匂いが入ってきます。いや、香りですね。
季節であれば、茶っ葉の香りも入ってくるらしいです。

レトロな客車は非日常感を加速させます。
帰りなんか床が板張りでしたから。
そして、こんな所で食べる特製おにぎり(梅、鰹、茗荷漬物)が不味いわけありません。
胡瓜の一本漬けまるかじり、最高です。

往路1時間ちょい、復路1時間ちょい。
体の芯からリフレッシュできました。

SLは見るものでも、撮るものでも無いですね。
乗りましょう。
近くに住んでてなかなか・・・なんて人はなおさら乗りましょう。
気楽に楽しめる所に住んでいる幸せを感じましょう。

他に言葉が思い浮かびませんね。
最高ですよ、最高!

ちなみに帰りのSL、急遽千頭でチケットを買って乗車しました。
キャンセルが出たとかで買えました。
そんなことも可能ってことで。

|

« ビュフェこども美術館 | トップページ | 音戯の郷 »

お出かけ(静岡県内)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
多忙な日々を送っておられるのですね。
私も、今月初めての日曜休みを、ようやく迎えます。
幼子が2人もいるのに、この仕打ちです。
すみません、愚痴です。

実は、大井川はテリトリーなんです。
今は亡き祖母の家があったので、お墓参りに季節ごと訪ねています。

SLは、もう何年も乗っていませんが、川根温泉の露天風呂から、何度も手を振らせていただいています。
油断モード全開なので、マニアの獲物ですね…きっと。(笑)
家山は桜の時期に行くといいですよ。
SLと桜と愛する我が子の記念写真。
人生に必要な1枚だと思います。(笑)

投稿: 桃竹林 | 2008年7月27日 (日) 00時21分

えっと、今、会社です。
日曜出勤です。昨日も出てました。
無計画な無職、という言葉が去来しております。
はい、愚痴です。

川根の温泉、良い所らしいですね。
大黒字の第3セクターという希有な存在だと聞いております。
行くのは良いのですが、温泉入ってからの帰りがタルい・・・とか思って入れずにいます。

桜とSLと子供の写真。
想像しただけで涙が出そうです。
だって、弱ってるんですもん。(愚痴)

投稿: ドロンコ | 2008年7月27日 (日) 08時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SLの旅:

« ビュフェこども美術館 | トップページ | 音戯の郷 »