« わが家のこだわり | トップページ | 屋上に広がる夢 »

2009年4月11日 (土)

三角関係

ひそかに二股かけてました・・・

銀行の話ですけど。

A銀行とB銀行に審査を依頼。

A銀行「他の銀行から条件を出されたら、一度連絡ください。是非。」

B銀行「こんな感じで(B1条件)どうでしょう。」

私「A銀行さん、どないなもんでしょ。」

A銀行「これなら(A1条件)検討していただけると・・・」

私「B銀行さん、どないなもんでしょ。」

B銀行「この条件(B2条件)で上にかけあってみます。」

とまあ、ここまで来ました。

A銀行が変動金利。B銀行が3年固定です(この銀行では3年固定が最安)。
総返済額で比べると、A銀行の方が、B銀行より10万円ほど少なく済む計算です。

ただし、これは金利がローン開始時のまま完全返済まで行った場合です。
しかし実際は、当初3年間の金利変動、5年間の金利変動、3年の固定期間後の金利等々によって、どちらが得か、あるいはどちらが損を減らせるか・・・と、かなり難しい話になります。
もっというと、全期間固定の方が、総支払額で少なく済む可能性も当然あります。

さすがに金利上昇に対応できずに破綻・・・なんてことは無いと思うんですけどね。

で、まあ、私なりの損得勘定とリスク感覚で、B銀行の(B2条件)が上層部に通ればそれで行こうかな、と考えてます。

B銀行、給与振り込み先ということで、いわば私のメイン銀行。
これからどんなお世話になるとも限りません。
もう一回A銀行に投げることで、もう0.1%でも金利を減らすことは不可能では無いと思うのですが、そろそろ申し訳ない&面倒の気持ちが湧いてきました。

もっとも、3年の固定期間後に金利をガッツリ上げてきた場合は、より良い条件の金融機関に乗り換える(乗り換えられる)つもりですが。

この気持ちはまた変わるかもしれませんけど、今はそんなところで。

|

« わが家のこだわり | トップページ | 屋上に広がる夢 »

マイホーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三角関係:

« わが家のこだわり | トップページ | 屋上に広がる夢 »