« 清水七夕まつりの風景 | トップページ | うな牛@すきや »

2009年7月 6日 (月)

エコガラス

焼津の新港でも釣ることが出来る魚で「アイゴ」ってのがいます。
魚の引きが強くファイトが楽しめる一方、ヒレに毒があり、身が磯臭い/小便臭いと、釣ってからの扱いに困る魚です。

自分で釣った事はないんですけどね。伝聞です伝聞。

こんな魚ですが、沖縄では愛されています。
このアイゴの稚魚を塩漬けにするそうで、漫画「築地魚河岸三代目 26巻」で詳しく知ることができます。

・・・・・・・・・と、

新居ではリビングの西側の窓だけLow-Eガラスにしました。

Low-Eガラスというのは、熱が通り抜けないガラスのこと。
マイホームセンターの静岡東展示場(リフォームプラザ)で体験できますが、このガラスを挟んで白熱灯に手をかざしても熱くありません。
車でも、運転する腕が熱くならないガラスがありますが、あんな感じ。
このガラスの働きで、西日でリビングの床や人が焼けるのが防げるはずです。

我々が採用した静岡レスコハウスの企画住宅は、標準で全窓がノーマルのペアガラス。
ハウスメーカーによっては同価格帯で全面Low-E(一部+防犯機能)というのもあり、正直弱い部分ではありました。
だからといってオプションで全ての窓にLow-Eを入れる気にもならず、リビングの西側だけに採用した次第。

先日見に行ったところ、西側窓にはこんなガラスが入ってました。

Ecoglass

日本板硝子製「ペアマルチレイボーグ」。
なんだか70年代のロボットアニメみたいな名前です。

エコガラスという、省エネ等級が高い窓ガラスです。
マークは省エネ効率が高い建材に付くもの。ガラスでは4つ星が最高。
ちなみに他の窓は星2つの複層ガラス(エコガラスではない)でした。

冬が温暖な静岡では、夏をいかに過ごしやすくするかが重要かと思ってます。

南側の窓は全開、高い角度からの日光は張り出したバルコニーで防ぎ、ゴーヤ等による緑のカーテンも併用する予定。
西日の熱はLow-Eガラスで遮断。
さらに、屋上に続くドアの通気スリットを開ける事で、煙突効果による通風を期待。

うん、完璧。
健康的でコストパフォーマンスバッチリ。

と、捕らぬ狸でホクホクとしているのでありました。

実際(来年の今頃)はどうなりますことやら。

参考リンク
エコガラス
スクガラス

|

« 清水七夕まつりの風景 | トップページ | うな牛@すきや »

マイホーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エコガラス:

« 清水七夕まつりの風景 | トップページ | うな牛@すきや »