« 蓮華寺の花火 | トップページ | ながらみブルー »

2009年8月 9日 (日)

百年住宅の工場見学 前編

担当の営業さんからお誘いがありまして、二つ返事で行って来ました。
百年住宅株式会社の工場見学です。

今回、初めての見学会だとか。
初物は寿命が75日伸びるとか。ありがたい話です。

まずは、完成現場(百年住宅として多分初めての住宅完成現場)の見学と、静岡レスコハウスの21年前の建物を見学。
その後、お待ちかねの工場です。

Plant11

場所は焼津市西島(旧大井川町)。
テレビCMで有名なヨシコン株式会社の西島工場内です。
業務提携ということで、百年住宅からの委託により、ヨシコンさんがパネルを製造しているらしいです。

おそらく皆様ご存じのCMは、公式リクルートサイトの左下で見られます。

というわけで、以下、工場内の様子。
ちなみに、写真の撮影及び公開については全面的に了解が得られています。

製造工程

Plant21
型枠に、既に組まれた鉄筋がセットされます。

Plant22
コンクリートが落とし込まれます。
コンクリートを配合するプラントが工場内なので、出来たてホヤホヤのコンクリートです。

Plant23
下からは盛大な振動がかけられ、モッサリとしたコンクリートもジワジワ広がります。
また、コンクリートが行き渡るように、人の手も入ってます。

Plant24
だいぶ広がってきました。
ちなみに、もの凄く粘り気が感じられるコンクリートで、粘土に近い印象です。

Plant25
手前はコンクリートを流し終わったもの。奥はそれを手でならしている所です。
パネルの厚みの精度(品質の許容範囲)は、薄い方はNG、厚い方は3mmだそうです。

均しが終わったパネルは、温度・湿度がコントロールされた部屋で固められます。
コンクリートの固まり方的な話は後編にて。

Plant26_2
こちらは、固まり終わったパネル。型枠が外されるのを待ってます。

Plant27_2
できあがったパネルはリフト等で貯蔵場所(ストックヤード)へ。
型枠は次の使用に向けて丁寧に掃除されます。
写真は掃除中。エアガンで細かい粉汚れを飛ばしています。

Plant28
こちらは、型枠とコンクリートがくっつかないようにする剥離剤塗布中。
後は鉄筋セットを待つばかり。

これでパネル制作ひとまわりです。

製造現場での印象は「手が掛かってるな~」というものでした。

Plant29
この写真は、2本の柱パーツ型枠にコンクリートを流し込んでいるところなのですが、4人がコンクリートが行き渡る様に作業しています。

もっと機械的な、オートメーション化された工場と、そこで作られるパネルというイメージがあったので、このような手工業的な現場は意外でした。

「工場製品の家」というと冷たい感じがしますが、実際に工場を見てみると、人間臭いものですね。なんかこう、親近感が生まれました。

後編に続く

|

« 蓮華寺の花火 | トップページ | ながらみブルー »

マイホーム」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。毎度おなじみになってまいりました。美味しいネタってこのことだったんですね~羨ましい私も見てみたかったですっパネルのスランプ値は覚えてないけど、かなり小さかったですよね?ということはワーカビリティも低くなるので振動は必至だろうけどそれだけじゃないんだろうなと思っていたら・・・なんと人力も!だったんですね後半も楽しみにしてます。

投稿: マカロン | 2009年8月10日 (月) 20時38分

マカロンさん、毎度ありがとうございます。

見学会、ここまで百年住宅の事を取り上げておいて、見学会に出ないのは締まりません。
出社日だったのですが、半休取って行って来ました。

パネルに投入するコンクリートですが、実に粘っこく、扱いにくそうでした。
私なら確実に音を上げるな、という感じでした。

今回の見学会、静岡の東・中・西のそれぞれからバスが出てました。
今後、頻度はともかく、定例にするみたいなので、一度は参加されると良いかと思いますよ。

投稿: ドロンコ | 2009年8月10日 (月) 22時09分

工場見学ですか!?
羨ましいです。
ウチも営業担当に聞いてみようか?
いやいや、遠すぎますね。。。
中国地方にも工場あるらしいんですけどね。
ウチのパネルが作られたところ。
我が家の成長過程だけでなく、基となる部分
見てみたい気持ちが強くなってきました

投稿: ぴのきお | 2009年8月11日 (火) 12時18分

ぴのきおさん、コメントありがとうございます。
工場見学、是非どうぞ。
多分、ちょうど今頃、中嶋社長が百年住宅西日本でも工場見学するぞ、と号令を下している頃だと思います。
あくまで想像ですけど。

ユーザーからのリクエストがあれば、実現がさらに近づくと思いますので、営業さんにも声をかけてみては如何でしょうか。

ウベハウス時代からの歴史ある工場ですから、蓄積も見所も多いと思いますよ。

投稿: ドロンコ | 2009年8月11日 (火) 20時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百年住宅の工場見学 前編:

« 蓮華寺の花火 | トップページ | ながらみブルー »