« 5月23日の屋上 | トップページ | ぴたごらすいち »

2010年5月23日 (日)

物持ち

本日、静岡市駿河区高松にあるオサレ雑貨店「D&DEPARTMENT」にフラっと立ち寄りました。
色々と面白いものがあるのですが、どうにも買うに至るものが無い、不思議なお店です。

例えば、超定番の文房具。
例えば、どこにでもあるけど、どこで売っているか分からない品(病院の脱脂綿入れ、シャーレ、ブリキの給食運搬箱など)。
例えば、地域の良心的メーカーの食品。

最後の食品なんかは私の興味の範囲内なのですが、何かあと一歩、財布を出すに至らないところがあります。
基本的に我が家はターゲットじゃ無いようです。
ほんと、面白いお店なんですが・・・オサレが過ぎるといいますか・・・

と、話が終わりそうですが、その中で思いっきり目を引いた一品。

ノリタケの磁器です。

blue waltz というシリーズですが、ユーズドでまとまった量を入手したらしく、色々と置いてありました。

でもってこれ、我が家で、今現在、現役で使っているのです。

Bluewaltz1
大皿(直径23センチ程度)
Bluewaltz2
裏面

私がひとり暮らしを始める時、実家からいくつか持ち出した食器の一つ。
これに勝るカレー皿がいまだ見つかっておらず、まだまだ最前線で使用中なのです。

お店には、小皿とかコップなどが置いてありました。
お店ブログにも写真がいくつかあります。

これらの器、確かにありました。
子供の頃の記憶の扉が開きます。

これは、餃子の酢醤油を入れてた小皿、
餃子を食べると酢のせいで唇が白くなったっけ。

これは、日東紅茶のミルクティーを飲んだコップ
あの手を切るようなプラスチックの容器からティーバッグを出して、
砂糖多め、冷め加減が美味しかった。

この急須もあったあった

おそらくは私の両親が結婚した時に揃えたのでしょう。

D&DEPARTMENTでは「ロングライフ商品」ということで、1960年頃に作られて、今でも現役で使える商品を、食器に限らずいろいろ揃えています。

ええ、確かに、現役です。確かに。
実家にはまだまだ残ってるはず。
今度帰省したときに家捜しさせてもらおうかな・・・?

|

« 5月23日の屋上 | トップページ | ぴたごらすいち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111204/48441991

この記事へのトラックバック一覧です: 物持ち:

« 5月23日の屋上 | トップページ | ぴたごらすいち »