« トマトの裂果 | トップページ | 新幹線で東京へ »

2010年8月 1日 (日)

うしづま水辺の楽校へ

いくら近いとは言え、いつもいつもプールでは変化がありませんので・・・
安倍川をずっと上った所にある、「うしづま水辺の楽校」に行ってきました。

まほろばジャーナル 第580号

こちらのブログで存在を知り、冷たい水が気持ち良さそうだったのです。
きっかけは親の都合でしたが、行ってみれば、はる坊大満足の遊び場でした。

その様子を写真メインでお送りします。

Ushizuma01 Ushizuma02

うしづま水辺の楽校は、安倍川の河川敷にある親水施設。
河原を掘って、安倍川の伏流水を引き込み、溜めています。
池は3エリアに分かれていて、一番上(写真左)は泳げるほど深く、一番下(写真右)ではイカダやボート遊びができるようになっています。中央部はまた後ほど。

Ushizuma03

ちょっと高い場所には、ブルーシートで出来た幼児用プールもあります。
これも安倍川伏流水。とても冷たいです。

Ushizuma04 Ushizuma05 Ushizuma06

水の引き込み口で悪さをするはる坊。
世話人の方お手製と思われる水鉄砲もありました。

Ushizuma07 Ushizuma08

真ん中の池は水に流れがあり、石でせき止めたり、流れに逆らったりできます。
右の写真の箱には、アマゴが入ってます。

Ushizuma09

「はーい、一度池から上がって~」
真ん中の池で、アマゴつかみが始まります。

Ushizuma10

アマゴつかみ、始まりました。
水がきれいで、魚の姿が見えます。
でも捕まえられません。

Ushizuma11 Ushizuma12

そんな時は気分を変えて滑り台へ。
みんなアマゴに夢中で、軽く独占できます。

Ushizuma13 Ushizuma14

後は、イカダに乗ったり、深いところに入ってみたり。

Ushizuma15_3   

一丁あがり、なわけです。
後は、はる坊が寝ている間に、親が用事を済ませる、と。

いや~、素晴らしい場所でした。

利用は無料。アマゴつかみも無料。
世話人と呼ばれる有志の方々が手弁当で運営されているということで、感謝の気持ちでいっぱいです。
是非、また行きたいです。

遊びに行かれる場合、お子さんはもちろん、親も水着または替えの服を持参でどうぞ。

公式サイトのトップページをお読みになった上でどうぞ。

なお、全体の様子は、こちらのブログ記事のほうが良くわかります。
葵区のこと、知ってるつもり!? ~ 静岡市葵区自治会連合会ブログ

|

« トマトの裂果 | トップページ | 新幹線で東京へ »

コメント

いや、これは素晴らしい!

知らなかったなぁ~!

投稿: 若旦那 | 2010年8月 8日 (日) 11:27

いや、素晴らしいですよ。
プチ富士山こどもの国というかなんというか。
是非一度遊びに行ってみてください。

投稿: ドロンコ | 2010年8月 8日 (日) 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111204/49032800

この記事へのトラックバック一覧です: うしづま水辺の楽校へ:

« トマトの裂果 | トップページ | 新幹線で東京へ »