« 写真遊び | トップページ | 明るい »

2011年6月 5日 (日)

2011初収穫

昨年2月に買った種のひとつ、ヒマワリ。

ヒマワリと言っても、ただのヒマワリではありません。

スプラウト、つまりモヤシにして食べることを目的としたヒマワリです。

花用のヒマワリとの違いは、種が殺菌されているかどうかの様です。

昨年は、普通に花目的で育て、大量の種ができたものの、近所の小鳥たちにすべて食べられてしまった、といういきさつがございました。

今年は、初心に戻って、というか、不調の屋上から「とりあえず何か収穫をしておかなければヤバイ」という危機感にあおられての、もやし作りです。

モヤシ作り用の容器がありまして、それに水を張り、種を広げて暗所で1週間。

Sprout1_2 

見事にモヤシができました。

それを窓際に移して2日、葉が緑になり、見事なカイワレのできあがり。

Sprout2

種の殻が自然には取れなかったので、これは一つ一つ人の手で取り除きました。

一つ味見してみると、これが見事に青臭い。

記憶を辿るとレンゲ草の味。
レンゲの花びらをスポっと一つ一つむしって、花の台座と雄しべ・雌しべだけにしたところで口に含んで「甘~~~~~~~くない!」となった時のあの味です。
まさに草の味。

不安になりながら、キュウリと若布の酢の物にトッピング。

Sprout3

・・・料理に使うと、癖のある味は、楽しめるアクセントになりますね。

悪くありません。

あと2回くらいは作れます。
それに他にも蕎麦、ブロッコリなど、スプラウト用の種が売ってますので、買ってみようかなという気になっています。

|

« 写真遊び | トップページ | 明るい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111204/51866016

この記事へのトラックバック一覧です: 2011初収穫:

« 写真遊び | トップページ | 明るい »