« どぼ漬け はじめました | トップページ | 富士山樹空の森 »

2011年6月19日 (日)

香酒盃

Koshyuhai1_3

読みは「こうしゅはい」。
有田焼のメーカー8社が協力してプロデュースした焼酎専用のコップです。

・ちょうど良い量のお酒が入る
・ロック用の氷がきれいに納まる
・お酒の香りがたっぷり鼻に入る

等々、焼酎を美味しく飲むための工夫がされています。

欧風和楽(藤枝店)のブログで見て、販売サイトで能書きを見て、欧風和楽(静岡店)に現物を見に行って、購入しました。

先週購入してこれまで、まだお酒は飲んでいないのですが、コップ・湯飲みとしても非常に良いものでした。

Koshyuhai2

まず、上記の特徴は、普通のコップ・湯飲みとしても有効です。
見た目よりたっぷり入って、ゆっくり飲むことができます。
のぞき込むような飲み方となり、色や香りが楽しめます。

そして、使う上での気楽さが良いです。
磁器なので、色や臭いが染みつきません。
いざとなれば漂白も可能です。
電子レンジも金彩・銀彩が入っていなければ大丈夫のはず。
注意は研磨剤を使わない、くらいでしょうか。

Koshyuhai3 李荘窯の窯印(だと思う)

高台の形も良いです。
一般的な丸く凹んだ高台ではなく、3本の足が小さくでています。
倒れにくく、かつコースターがくっつかないためのデザインです。
さらに、この形のおかげで、高台の凹みに水が溜まることがありません。
洗った後、器を伏せておくだけで完全に乾きます。
些細な事ではありますが、非常に快適です。

よく考えられたデザインで、値段もお手頃。
良い物ですよ、これ。

ただ、通販で買うのはオススメしません。

特に地の色が白のもの、写真では同じ白のように見えても、現物では青みがかった白であったり、緑がかった白であったりします。
手触りも、染めの模様だけでしたらツルツルですが、縦横に縞があるもの、全体にザラっとしたものもあります。
いずれも小さな事ですが、好みとしてはクリティカルな要素かと思います。

現物を見るのが一番。
現物で好みの窯元を確認して、その窯元の気に入ったデザインをネット購入、というのが次善の策でしょうか(一応 窯ごとに作品を紹介している販売サイト)。

ともあれ、大きさや形を確認するだけでも、一度はお店でご覧になることをオススメします。

|

« どぼ漬け はじめました | トップページ | 富士山樹空の森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111204/51990172

この記事へのトラックバック一覧です: 香酒盃:

« どぼ漬け はじめました | トップページ | 富士山樹空の森 »