« 希石博物館 | トップページ | うわあああ »

2011年8月15日 (月)

島唐辛子の使い道

昨シーズンと比較して、全く力が入っていない屋上。

力が入っていない分、収穫もそれなりなのですが、そんな中、怪気炎をあげているのが「島唐辛子」です。

昨年度は、葉がポロポロ落ちる病にかかって収穫ゼロだったのですが、再挑戦した今シーズンは絶好調です。

大量の実を付けています。

Simatou1

・・・・・・・・・使い道全く考えてません。

この島唐辛子、ハンパ無く辛いです。

Simatou2

半分に切った唐辛子を、暫く酢に浸けておいて、唐辛子本体は除いた酢を料理に使ったのですが、それだけでポッポ辛の料理が出来上がります。
普通の鷹の爪の要領でキンピラなんかに使った日には、普通の人では食べられない程の激辛キンピラになることでしょう。

沖縄そばには付き物の「コーレーグス」、島唐辛子を泡盛につけ込んだ調味料ですが、これを作ったとしても、必要な唐辛子は3~4本。
それで1年分はまかなえるでしょう。

Simatou3
(シダックス発行 「旬」が まるごと とうがらし 0円版)

奥さんが園芸用の防虫・殺菌スプレーの原料にすると言っていますが、熊除けスプレーが出来るような気がします。

それでも余りそうな島唐辛子。

さて、どうやって使いましょうか・・・

|

« 希石博物館 | トップページ | うわあああ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111204/52483719

この記事へのトラックバック一覧です: 島唐辛子の使い道:

« 希石博物館 | トップページ | うわあああ »